浅草の行事の主なものと注意すること

東京の浅草では、年間を通して様々な行事が行われます。

毎年行われているものや定期的に行われているものなど様々です。浅草の行事で良くテレビで見る人が多いのが、浅草寺の初詣でしょう。毎年、正月三が日で例年300万人近い参拝客が参拝に訪れます。大晦日と三が日など日中は雷門通りなどは交通規制がかかり車での通行が出来なくなるので注意が必要です。お寺専用の駐車場はないので、公共交通機関を利用するようにしましょう。大晦日には毎年カウントダウンを待つ二年参りの参拝客で混雑します。

次に有名な行事が、三社祭です。5月の17日前後の三日間で開催され、700年以上も続いていると言われる浅草神社のお祭りになります。100基ほどのお神輿が街を練り歩き、例年150万人もの観光客が訪れるお祭りです。海外からの観光客が多いお祭りでもあります。夏の風物詩と言われる墨田川の花火大会も浅草を代表する行事です。東京三大花火大会の一つに数えられる歴史のある花火大会になります。

例年墨田川付近は100万人以上の見物客で賑わう行事です。墨田川の屋形船から花火を見たり、スカイツリー越しに花火を見たりして花火を楽しむことが出来ます。スカイツリーや遊園地の花屋敷などでは、有料の観覧席や観覧プランを売り出したりもするので、それを利用するのも良いでしょう。花火が打ちあがってから全く花火が見えないということのないように、打ち上げ場所と観覧場所の間に障害物がないか事前にチェックしておくと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *