暖かい時期におこなわれる浅草の行事

昔ながらの東京の雰囲気が残っているとして観光客に人気の浅草は行事も様々なものがあります。

歴史ある東京で最も古い時代に創建された寺院やパワースポットとして人気を集めている神社などがあり、これらは普段からも多くの人が国内外から観光にやってきます。しかし催しが行われるときにはさらに賑わいを見せるのが特徴です。浅草の行事は年間を通して様々なものがありますが、まず年明けには神社や寺院への初詣に訪れる人が多く集まり、節分や大根まつりなどもあります。

暮れが近づくと沢山の屋台が出来、大勢の人が賑わう様子が見られる酉の市や羽子板市などもあります。これらは比較的寒い時期に行われるのが特徴です。そのため、暖かい時期におこなわれる浅草の行事に合わせて旅行に来たいという人もいるかも知れません。そのようなときにはまず7月の隅田川花火大会が候補になるでしょう。東京三大花火大会の1つとの呼び声が高い隅田川の花火大会といえば、江戸の時代から続いていると考えられている歴史ある花火大会です。

毎年2万発もの花火が打ち上げられています。いくつかの会場がありますが、会場がある川の付近には100万人近い人が見物に訪れているそうです。5月におこなわれる浅草の行事にはこの地域の神社のお祭りである三社祭が欠かせません。これは700年以上もの期間、続いているといわれる由緒あるお祭りで、毎年150万人の人が訪れます。このお祭りに合わせて旅行に訪れるのもよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *