子供の防犯のためにGPSを利用する

子供がひとりになる時間帯は犯罪被害のリスクが高くなるのはあきらかです。具体的には習い事や学習塾などに通う経路や友人と外出のために集合場所まで向かう途中や、あるいは親御さんが帰宅するまでの留守番する時間帯まで色々してきできます。そこで親御さんのなかには子供用のGPSを持たせたいと考えている方は少なくありません。とはいえひとくちに子供用GPSといっても、どのようなタイプを選択すれば良いのか迷ってしまうはずです。

そこで今回は子供用GPSの代表的なアイテムを御紹介します。まず警備会社から提供されるタイプを指摘することができます。警備会社にはリアルタイムで対象者の位置情報を把握することができるので、年少者だけでなく高齢者の見守りや行方不明時に備えるなどのニーズにも対応しているようです。なかには音声受診機能を実装しているものもあり、緊急時も密接なコミュニケーションが可能です。

他方で警備会社と継続的に契約することになるので、コストが嵩むのは意識されているようです。携帯キャリアが提供しているキッズスマホやキッズ携帯にもGPS機能が搭載されています。あくまでも携帯電話なので通信やゲームなどの楽しめますが、学校によってはキッズスマホなどは持ち込み禁止になっていることもあります。さらにスマートフォンやタブレットなどのアプリを活用して位置情報を獲得する端末をもたせるという方法もあります。

シンプルな機能にとどまるものから双方向コミュニケーションが可能なものまでバリエーションがあるのが特徴です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.